研究コラム

低くて・せまい床下もお任せください!山鹿市鹿本町S様邸にてヤマト白蟻の駆除工事

シロアリ

こんにちは!中川です。

 

熊本県内では気温が30℃を超える日が出てきましたね。

 

先日、新しい年を迎えたばかりのような気もしますが、今年も残り6か月余り。。。

ちょうど折り返し地点に差し掛かっています!

 

今回は、山鹿市鹿本町のS様邸にてヤマト白蟻の駆除工事をさせていただきました。

山鹿市鹿本町は私の地元になります。

 

『石のかざぐるま』

 

『水辺プラザかもと』

が有名で、遊びにいらっしゃった方も多いのではないでしょうか?近くを通られた際にはぜひお寄りくださいね!

 

 

さて、そんな鹿本町のS様邸ですが、実は床下がとても低く、場所によっては高さ16cmしかない部分を通らないと先に進めない箇所もありました。さすがにこのままでは、確実なシロアリ駆除が困難な為、ご主人に了解をいただきコンクリートの一部を3センチ程度削らせていただき、床下を先に進めるようにしました。

とはいえコンクリートを削っても高さ19センチ。私の体形でギリギリ通過できる高さになります。

 

↓ 19センチと言えば一般的なコンクリートブロックの縦の高さと同じになります。

 

私たちシロアリ業者は低く狭い床下でも可能な限り入って作業を行わなくてはいけません。

そういう意味では日々の体調管理(特に体重の管理)も仕事の一つであると言えます。

 

話は脱線しましたが、S様邸ではその狭い19センチの空間を通った先に新たなシロアリ被害を発見することができました。

 

 

床を支えている、束柱(つかばしら)・大引(おおびき)と言われる箇所に大きなしろあり被害があり、現時点でヤマトシロアリが活発に生息している姿が見られました。

 

S様にこのしろあり被害の写真をお見せすると、とても驚かれた様子で

『まさかこんな状態になっているとは。。。駆除を頼んで良かった』とおっしゃられていました。

 

しろありの被害は住んでいる方はなかなか気が付かずにどんどん進行していきます。

私自身、このことがシロアリの一番恐ろしい部分であると思っています。

 

それを回避するためには、シロアリの定期的な点検もしくは白蟻予防の工事をご自身で業者に依頼するしかありません。

 

中にはご自分で床下に潜って点検される方もいらっしゃることと思いますが、専門的な知識をお持ちでない限りお勧めできません。

なぜかと言いますと、単純にシロアリの被害を見逃す可能性がとても高いからです。

 

熊本県内ではシロアリの調査は、基本的に無料で行っている業者が多いと思います。

(もちろん当社も無料です。)

ですから、シロアリ工事をする・しないにかかわらず調査は専門のシロアリ業者に任せましょう!

 

工事をしないのにそれは頼みづらいという方はぜひ当社をご利用いただければと思います。

しつこい営業は一切なしをお約束します。

また、もし直接は断りづらいという方は後日メールなどでお断りしていただいても構いません。

 

中川シロアリ研究所では、経験豊富な『しろあり防除施工士』がしっかりと調査させていただきますので、お気軽にご相談いただければ幸いです!!

 

 

 

 

 

 

前の記事へ
一覧へ戻る
次の記事へ