研究コラム

合志市のK様邸にて|白蟻予防と床下の湿気対策シートの工事をさせていただきました

シロアリ施工実績

合志市のK様邸にお伺いさせていただきました。

 

K様からシロアリ予防の工事と合わせて、床下の湿気をどうにかしてもらえないかとのご相談がありました。

 

たしかに、K様の床下はコンクリートではなく、土がむき出しの状態のため、湿気がこもっている箇所が複数確認されました。幸いにも、床下で木の腐れはありませんでしたが、これ以上湿気がひどくなる前に対策をしておきたいとのことでした。

 

床下の湿気対策では

①床下換気扇

②調湿剤・炭などの設置

③防湿シート

などがありますが、今回ご提案させていただいたのが、床下の表面に防湿シートを施工する方法です。

 

 

『防湿シート』のメリットですが、まずはコスト面でもっとも費用を抑えて施工が可能です。

そして、床下に施工した防湿シートは紫外線で劣化しにくい為、交換不要で長期間効果が期待できます。

 

 

『床下換気扇』は10年以上すると故障やメンテナンスが必要になります。

電気代も毎月200~300円程度ですが発生します。

 

 

『調湿剤』も設置費用は高額になりますし、ものによってはそのまま床下に設置すると床下の湿気を吸い上げてカビの原因になってしまうこともありますので、取扱いに注意が必要です。

 

 

実際に防湿シートを施工した写真になります。

 

 

厚手の土間用シートを二重に敷きこんで固定していますので、ずれたりすることはありません。

 

 

床下の形状によって切り込みを入れて、表面にフィットさせていますので、防湿効果は非常に高くなりました。

 

 

施工後は、K様に写真を見ていただき、ていねいにしてもらって良かったとご満足のお声をいただきました。

 

 

床下環境でお困りの方はまずはご相談いただければと思います。

 

不必要な工事や間違った施工は逆効果になる場合もありますので、しっかり建物の状況にあわせて最もメリットを出せるご提案をさせていただきます。

 

また、湿気対策がそもそも不必要なお宅にはご提案・施工は行いませんので安心してお任せいただければと思います!

前の記事へ
一覧へ戻る
次の記事へ