研究コラム

熊本市東区長嶺東のK様邸にてイエシロアリ駆除|要注意!お庭の切り株をそのままにしていませんか?

シロアリ施工実績

みなさんのお家にも木を切ったあと、そのままになっている『切り株』はありませんか?

 

『切り株』そして、根っこをそのままにしておくことは、白蟻においしいエサを与えている状態になります。

 

 

 

事実、『切り株』はシロアリの巣になっていることがあり、そこから建物へと侵入した白蟻が被害を与えているケースは少なくありません。

木を切る際はシロアリ対策として、できる限り伐根(根まで引き抜く)をおすすめします。

 

今回、ご依頼をいただきましたK様のお宅も、数年前に伐採した木の『切り株』にシロアリが住み着いていました。

建物の周りや床下、天井裏の調査を行い多数の被害が見つかりました。

 

 

 

↑ 建物外の基礎にイエシロアリ蟻道を発見しました。

 

通常シロアリは床下などの暗くて風通しの悪い箇所から侵入することが多いのですが、建物周りでも荷物やエアコン、給湯器、物置などによって物影になっている場所、日当たりの悪い場所は特に注意する必要があります。

 

 

 

↑ こちらは床下の蟻道になります。2本の蟻道を作り建物に被害を与えているのがわかります。

 

 

 

↑ こちらも床下です。

 

シロアリは床下などで知らず知らずのうちに蟻道を作り侵入しますので、住んでいても気が付くことは非常に困難です。

 

 

 

↑ 天井裏の大きな梁にも被害がありました。

 

 

 

↑ こちらも天井裏ですが、断熱材を巻き込むように蟻道が作られていました。

 

 

 

イエシロアリの場合は天井裏で大きな被害が見つかることも多い為、必ずしっかりとした調査を事前に行いましょう。

 

そして、柱や梁などの被害が大きい場合には、駆除を行った後に建物の強度を保つための修理をおすすめします。

今後、いつ大地震や台風が来るかわかりませんので、本格的な修理は建築会社や工務店さんにご相談いただければと思います。

 

 

後日、あらためて駆除の工事を行わせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ シロアリの侵入箇所はもちろん、建物の隅々まで丁寧に施工させていただきました!

 

 

これから年末にかけてより一層寒さが厳しくなりますが、シロアリは年間を通して活動しています。

これからの時期でもシロアリの調査は問題なく行うことができます。

調査・お見積りは無料ですので、心配な方はお気軽にご相談下さい!

 

 

 

 

 

前の記事へ
一覧へ戻る