研究コラム

玉名市のO様邸にてイエ白蟻駆除工事|ベタ基礎の建物でも要注意です!

シロアリ施工実績

本日は玉名市のO様宅にて白蟻駆除の工事をさせていただきました。

 

お客様にお話を伺ったところ、洗面所のドア枠木や玄関付近の床に穴が空き始め、日が経つにつれてその範囲が広がってきたとのことでした。

最初はまさか白蟻が原因とは思いもせず、知り合いの建築屋さんに見てもらったところ、そこでようやくシロアリが原因であることがわかりました。

 

当社にはその建築屋さんを通じてご連絡をいただき、建物の調査を行ったところ床下や天井裏にイエ白蟻の生息が見つかりました。

 

脱衣場入口の枠木は表面をきれいに残しながら、中身を食害中。

 

そのまま天井裏にまで蟻道を伸ばし、被害を拡大していました。

 

ちなみにこのお宅の床下はベタ基礎(コンクリート)です。

 

一般的にはシロアリが入りにくいと言われている構造になりますが、白蟻はコンクリート造りの建物でも一旦、侵入経路を作ってしまえばそういったこともお構いなしです。

 

わずかな隙間や時にはコンクリートに穴をあけ侵入することもあります。

建物に侵入したシロアリはエサ(柱や床など)を見つけると巣の仲間たちに伝達を行い、次々に侵入を始めます。

 

もちろん、初期の段階でシロアリの侵入に気が付けば大事には至りませんが、今回のようにドア枠木の異変の原因が何かわからずに先延ばしにしておくと被害は進行するばかりです。

 

詳しく建物内を見ていくと廊下の床板などにも範囲を広めていました。

 

日常生活でよく歩くような場所ですら、なかなか気が付かないようにシロアリはこっそりと被害を拡大しているのです。

 

事前に行わせていただいた被害調査の段階で、シロアリの侵入経路は特定できていたため、その箇所を中心に建物全体を入念に駆除させていただきました。

 

O様ご夫婦からは

『白蟻がいる分かったときはどうなることかと思ったけど、これでこの先も安心して暮らせます』

とお喜びの声をかけていただきました。

 

O様、この度は当社にご依頼をいただきありがとうございました!

 

しっかりと原因を突き止めて駆除をさせていただきました。

シロアリの非常に多い地域ではありますが、今後も安心して生活いただけるように定期点検などアフターフォローもしっかり行って参ります。

何かございました際にはいつでもお気軽にご相談ください!

 

前の記事へ
一覧へ戻る
次の記事へ