研究コラム

荒尾市のM様邸にてイエ白蟻駆除|畳にしろあり被害を発見。どこから発生したのか!?

シロアリ施工実績

本日は荒尾市のM様邸にてイエ白蟻駆除の工事をさせていただきました。

 

和室の畳に段ボール箱を置いておられ、その箱を動かそうと持ち上げたところ、下に白い虫が『うじゃ、うじゃ』と動いているのを発見!

 

M様はあわててお知り合いの工務店さんに相談したところ、シロアリに間違いないことがわかり当社にご依頼をいただきました。

 

被害調査の結果、建物に住み着いていたのは【イエ白蟻】という種類のシロアリで、侵入経路は浴室からと判明しました。

 

イエ白蟻の特徴についてはこちら ↓ をご覧ください。

熊本県シロアリ注意報|熊本で茶色い羽アリ『イエ白蟻駆除』急増中!

 

 

幸いにも被害は部分的なもので、建物の構造に大きな影響はないことがわかりM様もほっとされていました。

 

後日、駆除にお伺いさせていただき入念に施工させていただきました。

 

 

 

↑ 和室の畳下の床下に白蟻被害の形跡がありした。

 

 

 

↑ 侵入経路である浴室は、地下まで薬剤が浸透するようにタイル目地に穴をあけて薬剤を注入しました。

 

今回のM様のお宅では、この浴室タイル下のコンクリートからシロアリが侵入し、和室へと被害が広がっていたのです。

 

 

 

↑ 浴室付近を床下から見ると、この写真のように木部に蟻道が通っています。

 

シロアリは自分たちで蟻道作り、蟻道を通じて移動します。

 

 

 

 

↑ 床下の蟻道をしっかり確認しながら薬剤を注入して行きます。

 

 

 

 

↑ 床下は蟻道の通っていない箇所にも、今後の被害拡大を防ぐため吹き付けを行いました。

 

 

 

 

↑ 廊下のフローリングも部分的に被害が見つかりました。

 

 

今回はイエ白蟻ということで、天井裏の被害も心配されましたが、被害はごく軽度で発見でき良かったです(>_<)

 

 

しかしシロアリの性質上、なかなかこのように早期発見は難しいのが実情です。

 

もし、心配な方は専門家によるシロアリ調査をおすすめします。

もちろん当社でもお受けしておりますのでお気軽にご相談ください!

 

 

 

前の記事へ
一覧へ戻る
次の記事へ