研究コラム

高温多湿な熊本。床下木材の腐朽にも気を付けましょう!シロアリ被害との関連について

シロアリ

本日は合志市のF様邸でシロアリの調査を実施させていただきました。

 

F様邸は築年数30年以上の建物になります。

長年、本格的なシロアリ駆除は行っていらっしゃらないとのことで、まずは無料でのシロアリ調査をご依頼いただきました。

 

早速、床下に入るべく畳をはいだところ、真っ先に目についたのが床板表面に付着した褐色腐朽菌でした。

 

褐色腐朽菌??

 

聞きなれない言葉かと思いますが、簡単に言うと木材中の成分(リグニン、セルロース、ヘミセルロース)を栄養に変えて、木材の強度を低下させる菌のことを言います。

人間でいうところの「骨粗しょう症」といった感じで、木材がもろくなるという表現がわかりやすいのかなと思います。

同様に木材に発生する腐朽菌には他にも白色腐朽菌、軟腐朽菌と言われる菌があります。

 

↓ 床下木部の表面のこげ茶色になっている部分が褐色腐朽菌になります。

 

 

実際に木部の表面をマイナスドライバーで触れると非常に柔らかい状態になっており、強度不足は明らかでした。

 

このような腐朽菌は高温多湿な環境を好み繁殖条件には、水分、温度、酵素、栄養が必要で床下の環境が以下の条件に当てはまる場合は特に注意が必要です。

1.湿度が85%以上

2.木材の含水率が20%以上

3.温度が20度~30℃

 

木材腐朽菌とシロアリ被害の関連についてですが、セルロースなどの分解性生物にはシロアリを誘引する作用があり、木材の腐朽している箇所はシロアリ被害を受ける可能性が高まると言われています。

確かに私の経験においても木材腐朽菌の発生する条件と特にヤマトシロアリが好む環境はほぼ一致しているように感じます。

 

皆さんは、ご自宅の床下がどのような環境になっているかご存知ですか?

 

実はF様ご自身も、まさかこのような状態になっているとはご存知なくビックリされていました!

 

床下調査ではシロアリ被害の有無だけではなく、このような腐朽菌の状態、水道管の漏れ、カビの発生なども確認することができます。

また、過去には床下がコンクリートで比較的乾燥しているお宅でも木材腐朽菌やカビが発生していたケースもありますので、定期的な点検もやはり必要ではないかと思います。

 

もし長年、白蟻調査をされていない方や、床がブヨブヨしてきた、押し入れなどにカビが生えやすいなどの異常を感じる方は、一度床下の調査をお勧めいたします。お気軽にご相談いただければ幸いです。

 

 

 

 

 

前の記事へ
一覧へ戻る