研究コラム

熊本で4~5月は黒い白蟻が大量発生!熊本県内『ヤマトシロアリ駆除』急増中!

シロアリ

熊本県内ヤマトシロアリ駆除急増!羽アリ注意報

今シーズンは暖冬の影響で熊本県内はシロアリの発生が早まるかもしれませんね。

熊本では例年4月中旬から5月にかけて、ある種類のシロアリが真っ黒い羽アリとなって大量に発生します。

 

今年もヤマト白蟻の羽アリが飛び出す季節になりました。熊本県下、各地域で一斉に飛んでいるとの情報が入っています。

 

 

 

 

 

黒い白蟻(羽アリ)の『ヤマトシロアリ』とは?

しろあり

 

・玄関のサッシ隙間や部屋のドア木枠などから大量のシロアリが発生した
・庭の切り株などから発生した羽アリの一部が部屋の中に入ってくる
・浴室のタイルや壁の隙間からシロアリが大量に出てきた
・どこから出てきたのかは分からないが黒い羽が大量に落ちている

このように羽アリが大量に発生した場合にはすでにシロアリ被害が発生している可能性があります。

 

黒い羽アリと聞いてすぐに白蟻と連想される方は少ないかもしれませんが「ヤマトシロアリ」という種類のシロアリはこの時期になると真っ黒い羽をつけて、巣や被害箇所から一斉に飛び出します。その数は数百頭から数千頭以上に及びます。

 

 

ヤマトシロアリの特徴

 

体長は約7㎜程度です。

働きアリは白色ですが、羽アリは外部に出て新しい巣を作るのが目的になりますので、紫外線から身を守りやすいとの理由から黒っぽい色をしています。

 

『ヤマトシロアリ』は『イエシロアリ』と比較すると寒さにも強いのが特徴です。日本では北海道北部を除くほぼ全地域に生息しています。

左側がヤマトシロアリになります。実際に白蟻単体だけを見ても見分けが難しいと思いますが、兵蟻の頭の長さはヤマトシロアリの方が長い点がもっともわかりやすい見分け方になります。

その他、イエシロアリの兵蟻は指を出すと噛み付き乳液状の分泌物を出します。

 

ヤマトシロアリは湿気の多い箇所を好み、被害は主に床下や一階部分の柱などに見られます。しかしケースにもよりますが、天井裏の梁(特にマツ材)に大きな被害が発生することもあり注意が必要です。

 

↓ 天井をはがしてみてビックリ(゚Д゚;) 先日、駆除をさせていただいた現場です。

ヤマト白蟻駆除被害

見た目にはわかりにくいのですが、この梁はスカスカで中身は空洞になっていますので、薬剤がどれだけでも入っていきます。

 

↓ こちらは一目瞭然!ボロボロの梁です。

ヤマトシロアリ

 

ここまで被害が進行してしまうと、修理するのも難しく、大がかりな工事になります。

 

 

羽アリが群飛する時期、時間帯

 

熊本県の場合、ヤマトシロアリの羽蟻は4月中旬から5月の主に午前中から昼頃にかけて、巣や建物の被害箇所などから一斉に飛び出してきます。

羽アリが出ている周辺には大きな被害が発生していることが多く、また時間帯が日中であるため、羽アリの発生に気が付かないまま被害が拡大していることも良くあります。

 

羽アリ発生の理由

 

なぜこのように飛び出してくるかというと、実はこの時期がヤマトシロアリの結婚シーズンに当たり、羽蟻のオスとメスがカップルとなって新たな新居(巣)を作っていくのが目的となっています。

害虫結婚

そもそも羽アリは職蟻(働きアリ)、兵蟻(兵隊アリ)と異なり生殖能力を持った階級です。つまり、今までの巣に住んでいるシロアリの数が多くなってしまったため、新しい巣を作らざるを得なくなり、新しい女王アリ、王アリ予備軍が分家として、新しい巣を作る旅に出るのです。

 

実際にはカップルになる以前に外敵(鳥や爬虫類など)に捕らわれます。そんな中、無事に新居をみつけたカップルはそこに巣を作り、『女王アリ』『王アリ』となり食べられてしまったり、適当な新居を見つけることができずに死んでいく羽蟻が大多数と交尾を重ねて卵を産卵して数を増やして行くことになります。女王は1日に数百個の卵を産み続けます。

 

 

ヤマト白蟻の被害実例

① 菊池市泗水町において床下の束柱を食害

柱の芯(中心)だけを残して、柔らかい部分を好んで食べています。

 

 

② 荒尾市において和室の床組みを食害

畳にシロアリ被害があったため、はがしてみるとこのような被害が見つかりました。食べられた部分には補強をして、畳の貼り替えを行いました。

 

 

③ 阿蘇郡南阿蘇村において玄関周りの床下土台を食害

比較的気温の低い南阿蘇村ですが、玄関の土台を食べ進んでいます。被害周りは湿気が多くヤマト白蟻が好む環境となっていました。

 

 

④ 熊本市東区山ノ神においてリビングの床組みを食害

被害箇所は手で簡単にむしり取ることができるほど食べられていました。ちょうど別の部屋をリフォーム工事していてところで、大工さんがシロアリの被害を偶然に発見しました。

 

 

⑤ 上益城郡御船町においてトイレの床板などを食害

お客様は長年、シロアリのことが気になっていたとのことでしたが、「まさかここまでの被害になっていたとは!」と驚いていらっしゃいました。

 

 

ホームページ内では、『研究コラム』でヤマト白蟻被害・その他白蟻駆除・予防の事例を多数ご紹介していますので、そちらの方もぜひご覧いただければと思います。

 

中川シロアリ研究所では、熊本県内にお住まいの方は無料にてシロアリ調査・お見積もりをさせていただいております。

 

すでに他社でお見積もり済みの方で、まだ決めきれずお悩み中の方にも、ぜひ当社をご利用いただければ幸いです。きめ細やかなシロアリ調査と丁寧な説明が当社の強みでもあります。しつこい営業は一切ございませんので安心してお任せください!!

 

 

シロアリ工事を契約する前に知っておきたいポイント!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

熊本でシロアリ駆除業者はここがおすすめ|白蟻駆除前に知っておきたい〇〇〇とは

 

 

前の記事へ
一覧へ戻る
次の記事へ