研究コラム

熊本で4~5月頃に黒い羽アリが大量発生!それってもしかしたら『ヤマトシロアリ』かも!?

シロアリ

本当に気持ちの良いお天気が続いています!

ゴールデンウィークは友人家族とキャンプの予定など、楽しみの多い季節になりました。

 

今シーズンは暖冬の影響で熊本県内はシロアリの発生が早まるかもしれませんね。

と申しますのも、熊本では例年4月中旬から5月にかけて、真っ黒い羽アリが大量に発生します。

 

黒い羽蟻と聞いてすぐに白蟻と連想される方は少ないかもしれませんが「ヤマトシロアリ」という種類のシロアリはこの時期になると真っ黒い羽をつけて、巣や被害箇所から一斉に表に飛び出してくることがあります。

 

↓ ヤマトシロアリの羽蟻が群がっている様子です(゚Д゚)ノ

 

 

ヤマト白蟻は熊本県内の全地域に生息していますので、このような羽蟻の状況を建物の内外で見られた場合には早急なシロアリの被害調査をお勧めいたします。

 

先ほどお話しましたが、この羽蟻は4月中旬から5月の主に午前中から昼頃にかけて、巣や建物の被害箇所などから一斉に飛び出してきます。

 

飛び出してくる数は数百頭から数千頭(注意:白蟻を数えるときは匹ではなく頭を用います)に及びます。

 

なぜこのように飛び出してくるかというと、実はこの時期がヤマトシロアリの結婚シーズンに当たり、羽蟻のオスとメスがカップルとなって新たな新居(巣)を作っていくのが目的となっています。

 

実際にはカップルになる以前に外敵に食べられてしまったり、適当な新居を見つけることができずに死んでいく羽蟻が大多数と言えます。そんな中、無事に新居をみつけたカップルはそこに巣を作り、交尾を重ねて卵を産卵して数を増やして行くことになります。

 

 

 

ここでヤマト白蟻による被害の実例を写真でご紹介します。

① 菊池市泗水町において床下の束柱を食害

 

② 荒尾市において和室の床組みを食害

 

③ 阿蘇郡南阿蘇村において玄関周りの床下土台を食害

 

④ 熊本市東区山ノ神においてリビングの床組みを食害

 

⑤ 上益城郡御船町においてトイレの床板などを食害

 

 

ホームページ内、過去の研究コラムでもヤマト白蟻被害・白蟻駆除の事例をいくつかご紹介していますので、そちらの方もぜひご覧いただければと思います。

 

中川シロアリ研究所では、熊本県内にお住いの方は無料にてシロアリ調査・お見積もりをさせていただいております。

 

すでに他社でお見積もり済みの方で、まだ決めきれずお悩み中の方にも、ぜひ当社をご利用いただければ幸いです。きめ細やかなシロアリ調査と丁寧な説明が当社の強みでもあります。しつこい営業は一切ございませんので安心してお任せください!!

 

 

前の記事へ
一覧へ戻る
次の記事へ