研究コラム

白蟻駆除・予防は熊本市北区で実績豊富な中川シロアリ研究所!

シロアリ施工実績

白蟻の活動も活性化して行くこれからの季節。皆さんシロアリ対策はお済みでしょうか?

 

白蟻駆除,予防は熊本県熊本市北区で実績豊富な当社へ

 

 

熊本市北区の事例をご紹介

 

①熊本市北区植木町Y様邸の事例

今回、白蟻駆除を実施させていただきましたのは「熊本市北区植木町」のY様邸になります。

 

Y様はシロアリ駆除をどこの業者に頼もうかとインターネットにて調べられていたところ、

当社のホームページをご覧いただき、まずは調査とお見積もりをさせていただくことになったお客様です。

 

さて、Y様邸には被害の速度が非常に早いといわれる『イエ白蟻』と言われる種類の白蟻が生息していました。

熊本イエシロアリ

『イエ白蟻』は比較的湿気の少ない建物にも侵入し、数十万から百万匹を超える集団で行動しています。
被害は床下から発生することがほとんどですが、壁や柱内を通って天井裏にも広がっていきます。天井裏の梁などを分巣にして建物に甚大な被害を及ぼします。

6月ころに群飛するイエシロアリについて詳しくはこちらを!

↓ ↓ ↓

熊本県シロアリ注意報|熊本で大量発生中の茶色い羽アリはイエ白蟻

 

 

Y様邸の被害状況

 

床下を確認すると、和室にイエ白蟻の蟻道が見つかりました。

 

↓ 比較的初期と思われる蟻道でしたが、すでに床組(大引き)に被害が進行し、更に床板・畳へと拡大していました。

 

 

この和室の室内には、いかにも高級感があり重量のありそうなタンスが三つ並べられており、タンスをよく見ると、タンスを支える脚の部分には重度の白蟻被害が発生していることがわかりました。

 

タンスの白蟻被害を確認するため、一番下の引き出しを引き出してみることにしました。

ところが、どんなに強く引っ張っても一向に引き出すことができません!(;^_^

 

 

実は私自身、過去にもこのような経験を多数しており、このようなケースでは引き出し内部にシロアリの被害が広がっており、ひどい場合ではタンス自体が白蟻の巣になっていることもありました。

 

ここで一旦、工事の職人さんと一緒にタンスを前に動かし、ぼろぼろになったタンスを解体する過程でようやく引き出しを外すことができました。

 

↓ 白蟻の巣とまでは行きませんでしたが、引き出しの内部はボロボロに食べられ、衣料品までもが白蟻の被害を受けていました。

 

まさか自宅のタンスにシロアリがいるなんて( ;∀;)考えただけでもぞっとしますよね。。。

 

じつは今回のシロアリ被害はここだけにとどまらず、むしろその原因はお風呂場にあることがわかりました。というのもお風呂場の天井裏を見てみると、壁の中からイエ白蟻の蟻道が広がって梁や小屋束を食べながら進行していました。

 

浴室壁にシロアリの巣

 

↓ お風呂場の壁内部から蟻道が上がっています。

 

 

↓ お風呂場の壁の中を覗き込むとびっしりと詰まった蟻土(ぎど)が見られ、壁内が白蟻の分巣化している様子が見られました。

 

 

シロアリ駆除の方法

 

このような場合、壁の中の白蟻を駆除をするには壁に小さな穴をあけて薬剤を注入する方法が一般的です。

↓ 今回のケースでは赤線部分の壁内に蟻土が詰まっている状態でしたので、蟻土に薬剤が均一に行きわたるように、タイル目地に数か所に穴(直径2.5ミリ)をあけ薬剤を注入しました。

 

もちろんですが、天井裏や床下からも壁内に向けて薬剤を注入しますので白蟻も一網打尽です!

Y様、この度は多数のシロアリ業者の中から当社をご利用いただき大変うれしく思います。誠にありがとうございました!

②熊本市北区立福寺町のO様邸 白蟻予防

 

『なんと!イエシロアリの蟻道発見』

O様宅は新築から約30年ほど経つ、和風の重厚感あるたいへん立派な建物です。

今回は台所流し台の水漏れが発覚し、かねてから心配していた白蟻のことも見てほしいとのことで当社にご依頼をいただきました。

↓ 台所床下の状況です。

シロアリ予防熊本市北区

少しだけ黒ずんだ部分が水漏れの跡ですが、幸いにも白蟻の発生はありませんでした。

台所は特に白蟻の異常もなく、とても安心されていたO様でしたが、
床下全体を調べて行く中でなんと!!
イエシロアリの蟻道が和室など合計3箇所に見つかりましたΣ(゚Д゚)

しかし、幸いにもそのイエシロアリの蟻道自体は現在シロアリが活動しているものではなく、天井裏なども確認しましたが大きな被害にはいたっていませんでした。

『シロアリがひどくなくて本当に良かった~』とこれまた安堵の表情のO様でした(*^。^*)

O様からは、今後のために白蟻予防をお願いしたいとのことでしっかりと工事をさせていただきました。

↓ イエシロアリの蟻道があった和室です。

シロアリ蟻道熊本市北区

土台に穴を開け、薬剤を注入しているところになります。

↓ 薬剤は床下のすみずみまで吹付をします。

シロアリ予防熊本市北区

わずかな隙間や見えない箇所にいかに処理を行いえるかがとっても重要です。

↓ 土壌処理という作業です。

シロアリ土壌処理熊本市北区

床下はコンクリートでしたが、シロアリはコンクリートでも突破して侵入します!

↓ 床下から完全に予防処理ができないところは室内から処理を行います。

↓ 建物のありとあらゆる箇所でシロアリの侵入をしっかり防いでいきます。

↓ 玄関は白蟻被害が出やすい箇所のひとつになります。

土間コンクリートの下に圧力をかけて薬剤を入れ込みます!

↓ ご存知のとおり湿気を好むシロアリにとって浴室は最も危険な箇所です。

壁や土間にから注入して侵入を防ぎます!

今回のO様宅はとても大きな建物でしたので、工事は3人がかりで丸一日かかりました。
無事に工事が済み、これで5年間はシロアリの心配はありませんね!

 

 

③熊本市北区龍田にてイエ白蟻駆除

 

『雨漏りで被害が拡大』

熊本市北区龍田地区は熊本県内でもシロアリが多い地域といえます。

今回発生していたのはイエ白蟻という種類になります。

イエ白蟻は比較的湿気の少ない建物にも侵入し、数十万から百万匹を超える集団で行動しています。
被害は床下から発生することがほとんどですが、壁や柱内を通って天井裏にも広がっていきます。天井裏の梁などを分巣にして建物に甚大な被害を及ぼします。

今回に関しては雨漏りの発生もあったことで、2階の天井裏まで及んでいました。

イエシロアリ被害熊本市北区龍田

イエ白蟻の被害速度は世界中のシロアリの中でも最も早いと言われている恐ろしいシロアリです!

 

 

④北区鶴羽田のA様邸 ヤマト白蟻駆除

『シロアリは断熱材も食べるんです』

皆さん、シロアリって何を食べて生活しているのかご存知でしょうか?

まず一番に思いつくのが木材ではないでしょうか。
その通りで、シロアリは主に木材などに含まれる食物繊維の『セルロース』といわれる成分を消化吸収して生活しています。

実際にはシロアリはさまざまな物をかじる習性があり、栄養になるかどうか以前になんでもかじることで自分たちの通り道(蟻道)を構築して行きます。

実際にお住まいの家の中では、床下のコンクリートを白蟻が突破して、壁の中の柱や断熱材を食べながら天井裏で電気の配線をかじられていたという被害例もあります。
そのほかには畳や壁の下地の石膏ボード・外壁のコーキングなども白蟻被害の対象となっています。

押し入れに入れていた段ボールの箱や本・アルバム、布団が食べられるケースもあります。

さて、今回シロアリ駆除をさせていただきました、熊本市北区鶴羽田のA様邸では床下がベタコン(コンクリート造り)にもかかわらずシロアリ被害が発生していました。

↓ 玄関から侵入したシロアリが床組(根太)に被害を与えていました。

ヤマトシロアリ駆除熊本市北区

↓  シロアリ被害に合っていた根太と根太との間に取り付けられていた断熱材です。

熊本市北区シロアリ被害断熱材

 

茶色い部分がシロアリの被害に合った箇所になります。断熱材に穴が開いており内部にシロアリが侵入しているのがわかります。
断熱材には多くの種類がありますが、発泡スチロールやウレタン系の断熱材はシロアリ被害に合いやすい傾向があります。近年では基礎のコンクリートに断熱材を張り付けた構造も多く登場しており、シロアリ対策には十分に気を付ける必要があります。

断熱材の中にはシロアリ対策として防蟻成分の含まれたものがありますので、高価にはなりますが基礎部分に張り付けて設置するものについては防蟻効果のある製品をお勧めします。

↓ A様邸では外部の基礎に蟻道を作り、建物へ侵入している箇所もありこのように外部のコンクリート内にもしっかりと処理をさせていただきました。

熊本市北区シロアリ駆除

↓ ウッドデッキの柱にもシロアリが侵入していました。

熊本シロアリ駆除

↓ 庭先の切り株にはシロアリが巣を作るケースが多く、こちらの切り株にもシロアリの生息が見られました。

熊本シロアリ

庭木を伐採・撤去される際にはできる限りにはなると思いますが、根っこが残らないように引き抜いてしまうことが大切です。

熊本県内ではこれから徐々に気温が上昇し、シロアリの動きが活発化していきます。
これまでシロアリ駆除を考えながらも延び延びになっていらっしゃる方は、暖かくなる前のこの時期にシロアリ予防をお勧めいたします。

 

⑤熊本市北区清水万石の鉄骨アパート 白蟻予防工事

 

『鉄骨造りでも実は危険』

そもそも鉄骨造りでもシロアリ工事って必要なの?

と思われたかもしれませんが、木造も鉄骨もシロアリにとっては関係ありません。

むしろ、鉄骨だからこそシロアリの侵入に気を付けなければいけない点があるのです!

それは何かというと鉄骨の柱の根元部分になります。
建物を建築する際に、鉄骨造りの場合はまず鉄骨の柱を立てます。その後、鉄骨の柱には下地材を挟む形で最終的にモルタルを塗り付けていきます。

この過程で鉄骨とモルタルの間にほんのわずかな隙間ができてしまうのです。

また、経年劣化によって表面のモルタルにひび割れが生じてしまうことも多く、その部分がシロアリの侵入経路となってしまうのです。

そのうえ、表面上は白蟻の侵入は見られず、床下から確認してもシロアリを見落としてしまう可能性もあります。

シロアリの発見が遅れることは被害を甚大化させ、時には致命的になることもあります。

↓ この写真は建物の鉄骨部分モルタルに小さな穴をあけ薬剤を注入しているところになります。

シロアリ駆除鉄骨

ご覧の通り鉄骨部分のモルタルには無数のひび割れが生じています。
地震などの影響もあるかと思いますが、モルタルをたたいてみると軽い空洞音がするため、鉄骨から浮いてはがれている様子がうかがえます。

今回、工事させていただいた熊本市北区清水万石のアパートは、1階部分に合計10か所の鉄骨柱があります。
鉄骨柱部分のすべてにシロアリ予防をしたうえで、床下全体の施工も合わせて行いました。

このように、建物の造りや形状にあわせて適宜、適切に施工を行うことが私たちシロアリ業者の腕の見せ所と言ってもよいかと思います。

 

⑥熊本市北区清水万石のF様邸 イエシロアリ駆除

 

『リフォーム中にシロアリ発見!』

今回、当社にてシロアリ駆除工事をさせて頂きましたのは、熊本市北区清水万石のお宅です。
建築会社に広縁約3坪程度のリフォームをご依頼されたのが始まりです。

リフォーム工事初日、大工さんが広縁のサッシを新しい物に交換するため、床板や外壁をはがすことになりました。

外壁をはがし始めたところ、壁の下地や柱がものの見事にシロアリの被害にあっていました。施主様はこれまで全くシロアリの存在には気がつかれておらず、今回初めてシロアリの被害を発見する事になりました。

建築会社の担当者様から、大至急シロアリ被害の調査と見積りをして、白蟻駆除の対応をしてもらいたいとのことでした。
急いで現場に向かったところ、シロアリ被害は天井の梁にまで達していることがわかりました。

↓ イエシロアリによって柱上部の梁まで達しています。

熊本市シロアリ駆除

 

↓ サッシ下の土台もシロアリ被害により内部が空洞化していました。

シロアリ駆除土台

イエシロアリは被害のスピードが激烈で天井裏まで被害が及ぶのが特徴です。(ひとつの巣には数十万匹以上が生息していると言われています。)

もし、今回のリフォームで壁をはがさなければ、シロアリに全く気が付かないまま被害がさらに拡大していたことでしょう。通常、シロアリは光の届かない床下や壁の中などに潜んでいるため発見が遅くなる傾向にあります。

 

⑦熊本市北区山室の木造アパート イエ白蟻駆除

 

『2階の風呂場にもシロアリが!』

北区山室のアパート2階の浴室にシロアリが発生していることから、不動産屋さんを通じて白蟻駆除のご依頼がありました。
この部屋の入居者の方から浴槽とタイルの間から土がふき出してきているとのことでご連絡を頂き、シロアリ被害を発見しました。

 

↓ 壁のタイル目地に小さな穴をあけて、壁の内部に薬剤を散布して行きます。

イエシロアリ駆除熊本

薬剤を注入している箇所の下、茶色い部分がイエ白蟻の蟻道(土)になります。蟻道を崩すとイエ白蟻が数匹、顔を出してきました。

 

↓ 1階浴室の天井裏梁にもイエ白蟻の被害があったため、しっかりと薬剤を注入しました!

イエシロアリ駆除熊本天井裏

 

↓ また、駆除に当たっては、2階の天井裏の被害も確認する必要があったため天井に点検口を作成しました。

シロアリ駆除点検口

 

点検口を作ることで侵入できない箇所も白蟻被害の確認ができ、かつ駆除も徹底的に行うことが可能になります。
それと、のちのち点検するのにも便利ですね!
幸いにも2階の天井裏には被害はなく、壁までの被害で済みました。

シロアリ被害は時として建物の広範囲に拡大します。
発生原因となっている箇所から、どこまで被害が広がっているか。目視で確認できない箇所までを想定した駆除を行う必要があります。
※逆に言うと、発生の可能性が全くない箇所は薬剤を散布する必要はありません。

このあたりの見極めがシロアリ駆除の肝と言えるかもしれません。

 

 

中川シロアリが考える最適な駆除方法とは?

 

被害の状況や場所によっては違った方法での駆除になることもありますが、当社ではこれまでの豊富な経験をフルに活用して、最適な駆除方法によって施工させていただきます。そんな最適な駆除方法についてのこだわりを最後にお話しします。

あくまでも白蟻を確実に駆除することを大、大、大前提として!

 

①何でもかんでもベイト工法に頼らない

イエシロアリが発生=ベイト工法を勧めるシロアリ業者がいます。残念ながらシロアリ業者の中には、必要のない場面でもベイト工法を勧める業者がいるのです。
当社では最終手段でのベイト工法をおすすめします。ベイト工法を使わなくても駆除が可能な場合は安い料金のバリア工法をおすすめします。

↓ ベイト工法についての情報はこちらを参考にしてください!
熊本に多いイエシロアリ!菊池郡菊陽町にてベイト工法シロアリ駆除

 

②可能な限り壁や天井を剥がすことなく駆除する

シロアリ駆除は被害の状況によっては、天井や壁の一部をはがして施工しなくてはならないケースがあります。はがした箇所の修復にはもちろん費用がかかります。
シロアリ駆除のプロとして、お客様のご負担を最小限に抑えることを意識し、シロアリ駆除以外にかかる修理費用をいかにゼロに抑えるかを考えています。

↓ どうしても必要な場合には天井点検口などを作成して施工します。

シロアリ点検口

 

 

③不必要な箇所は施工しない

余計な追加費用を一切発生させない。
例えば天井裏はシロアリ被害のない箇所は基本的に薬剤を散布する必要はありません!もし被害が無いのにも関わらず、お客様の不安をあおって、「天井裏全体も白蟻駆除をしましょう」と見積もり金額に入れるシロアリ業者は注意したほうが良いと言えます。見積もりの際には注意してください。
↓ シロアリ被害がない場合は天井裏の施工は不要です。

白蟻被害なし

 

④薬剤注入のために開ける穴の数は可能な限り少なくする

穴を開けることによる建物へのダメージを考慮する。

 

↓ 薬剤を注入するための穴を最小限にシロアリ駆除することは腕の見せ所と言っても良いでしょう。

白蟻薬剤を注入

 

通常、床下の柱などに穴を開ける際に使用するドリルは直径が10ミリ~13ミリが一般的です。薬剤を注入するためとはいえ、穴を必要以上にたくさん開けることは、木材の耐久性を損なうことになります。
シロアリ駆除は被害のある箇所に最低限必要な分の穴を開けるのが本当のプロです。経験の少ない職人さんほど不安なために多くの穴を開けたがります。

この他にもまだまだ多数、プロとしての『こだわり』はございますが今回はこのくらいで!

 

 

シロアリ駆除をご検討の方へ

 

白蟻駆除を頼まれる方の多くは、いったいいくらぐらいの費用がかかるのかと、見積もり前から非常に悩まれていらっしゃるように感じます。

当社は最良の技術をいかに安価にお届けできるか。そして、お客様が白蟻の不安から解放され、安心した生活を送っていただくことを一番に考えます。これは決してきれいごとではなく、私自身が起業した最大の理由でもあり、今後も揺るぐことのない企業理念となっています。

この熊本で永く愛されるシロアリ業者を目指し、皆様にもっともっと喜んでいただけるサービスを目指してこれからも精進してまいります!!

 

長文となりましたが、最後までご覧をいただき、ありがとうございました(^^)/

もし、これからシロアリ駆除をご予定の方はこちらのブログを読んでみてください。シロアリ業者・選び際の参考にしていただければと思います。

↓ ↓ ↓

【熊本版】シロアリ業者はこう探せ!熊本で白蟻駆除前に知っておきたい6つのポイント

前の記事へ
一覧へ戻る