研究コラム

熊本市東区の白蟻駆除・予防は中川シロアリ研究所にお任せください!

シロアリ施工実績

熊本市東区でシロアリ駆除なら当社にお任せください!

 

熊本県熊本市北区の白蟻駆除シロアリ予防

 

 

熊本市東区の事例をご紹介

 

①東区山ノ神のK様邸 ヤマト白蟻駆除

 

K様は「まさかうちにシロアリがいるとは思ってもいなかった」とのことで、大変驚かれていました。

そんなK様邸にシロアリが生息していることに気が付いたのがリフォーム工事に入られた大工さんでした。

 

和室のリフォームの為、畳をはがして床の一部や壁を解体していきます。その過程で柱にほんのわずかな蟻道(シロアリの通り道)を発見されたのです。

幸いその和室自体には特に大きな被害もなかった為、通常であればそのままシロアリを見過ごして工事が進められてしまってもおかしくなかったと思いますが、急遽当社に連絡があり、念のため一度シロアリの調査をしてほしいとのことでした。

この大工さんの判断が後から思うと正しかったと言えます。

 

現場に駆け付けた私は床下に入り、建物全体の調査をさせていただきました。すると、その和室の隣の部屋の床下にシロアリの被害が見つかったのです。

 

 

↑ 床組の柱は芯だけを残してボロボロの状態でした

 

後日、あらためてシロアリの駆除を実施しました。

シロアリ被害のある部分にドリルで穴を空けて、柱などの内部に生息しているシロアリに薬剤を注入します。

 

 

↑ 薬剤を注入すると柱の内部に薬剤が広がっていき、被害の柱からは注入した薬剤が噴水のように出てきました。

 

いかにシロアリ被害が広がっているのかが確認できます。

 

今回のケースでは大きな被害が見つかったこの部屋は、今後床が下がり住むうえでも危険であると判断された為、床をはがして被害箇所の改修工事をすることになりました。

結果、予定外のことでK様には多大な出費になりました。

しかしK様は『早く気がついてもらったので本当に良かった』とおっしゃられ、とても感謝していただきました。

工事をさせていただいた側としても、そのようなお言葉をいただけることは大きな励みになっています。

 

 

 

②東区小山のK様邸 白蟻予防

 

K様のお宅は5年毎に白蟻予防をされていらっしゃるため、これまでに白蟻の被害は全く受けていらっしゃいません。
白蟻予防をされているので当たり前といえば当たり前なのですが、、、
今回のシロアリ工事にあたって、敷地内には気を付けなければいけない点が見つかりました。

↓ まずはこちらの樹木です。

 

枯れて弱った状態になっており、木の幹にはヤマトシロアリの生息が確認されました。

↓ この写真では分かりづらいのですが、樹木の皮をめくると多数のシロアリが顔を出しています!

 

↓ 柔らかくなっている樹木の表面から器具を挿入して、内部のシロアリの駆除を行いました。

そして、K様邸の敷地内を見渡すと多数の切り株があちこちにあることがわかりました。

実は切り株の根っこ部分にはシロアリが巣を作りやすく、これまでに切り株が原因で建物内に白蟻が侵入し甚大な被害を及ぼしたケースは数え切れません!!

↓ シロアリが巣を作りにくくするために、切り株に対して薬剤の吹付を行いました。

 

ここで問題なのが、切り株は屋外にあるため雨の影響などにより薬剤の効果が長く持ちません。
よって、基本的には切り株を根っこから除去することが最も有効なのですが、大木ともなるとそれも非常に難しいのが現実かと思います。

このように、敷地内にはシロアリが生息していることは決して珍しいことではありません。
シロアリは常に新しいエサを探して年中活動しているです。

K様のように5年ごとに白蟻予防し、定期的にメンテナンスを行うことで建物への被害は回避することができます。
もしもK様が、これまでに全くシロアリ対策を行って来なかったとすると、おそらく白蟻被害に合われていた可能性が高いのではないでしょうか。

 

ご存知の方もいらっしゃるかとかと思いますが
以前、熊本の某シロアリ業者さんのテレビCMで
『白蟻に食われて泣くより、まず予防!!』
というキャッチフレーズがありました。

相手が白蟻という予測不可能な生き物である以上、いかに建物を白蟻から守り、永く安全に保持して行くかの対策は大変重要です。

 

 

③東区小山のY様邸 白蟻予防

 

この度は建設会社様からのご紹介で施工をさせていただきました。

Y様のお宅は3年前の熊本地震で被災されたものの、建物の躯体には大きな損害もなかったとのことでした。お話をお聞きするとご近所さんの多くは家を建て替えられたとのことで、この付近は特に地震の被害が大きかったとおっしゃられていました。

幸いにも被害の少なかったY様ですが、白蟻のことも以前から気になっていらっしゃった為、今回の施工となりました。

白蟻予防工事では今後の白蟻の侵入を防ぐために、主に1階部分の床下や写真のようにお風呂の壁などのタイル目地に穴をあけて薬剤を注入していきます。玄関のタイル部分も同様です。

薬剤を注入後は穴を補修しますが、補修の跡が目立たないようにきれいな施工を心がけております。
補修後を目立たなくする技術は業者・職人さんによって差があるように思います。

 

床下では束柱などに穴をあけて薬剤を注入するとともに、木部全体や基礎コンクリート、土壌(地面)にも隈なく散布していきます。

白蟻工事は目に見えない箇所での施工が多く、形にも残らない為、いったいどんな作業をされているのかわかりにくいものです。

 

当社では全てのお客様に施工中の写真(床下・室内・天井裏など)をお渡ししております。

 

お客様に写真を見ていただくと、
『なるほど、白蟻駆除はこんな風に作業されていたんだね』
『うちの白蟻被害はこんなにひどかったのか( ;∀;)』などのお声をいただいております。

工事の前後にも作業内容のご説明はさせていただきますが、このように写真で残すことで何年先になっても見返すことができて安心にも繋がるのではないでしょうか。

これから先、ますます技術の進歩がすすみ、近い未来ではスマートフォンで床下や天井裏の作業風景をその場で見れる日が来るのかもしれませんね!

 

 

④東区沼山津の新築モデルハウス 白蟻予防工事

 

同地域は熊本地震でも甚大な被害を受けた益城町と隣合う地域になります。
現在は建物が解体され、空き地となっている土地やすでに新築された建物が数多く見られます。

本日は建築中の建物ということで柱などを主に施工させていただきました。

この建物はいわゆるローコスト住宅と言うことで、子育て世代の方などが家を建てる際に無理をせず住宅ローンを支払って行けるように
土地の面積から建物の設備など考えられた設計となっています。

ローコストというとちょっと心配と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、はっきり言って住宅の性能・装備は素晴らしいです。一昔前のローコストとは訳が違います。もちろん地震にも強い設計となっています!

 

話はそれましたが、本日は新築でのシロアリ工事と言うことで、柱から床下まできっちりと丁寧に施工させていただきました。

 

中川シロアリ研究所では新築はもちろん、どんな建物でも対応可能となっています。

 

 

これからシロアリ駆除をご検討の方へ

 

熊本の皆さんのお住まいを白蟻から守るため、安心・安全なサービスをどこよりも価格を安くお届けします。

熊本県内、お見積もり無料。相見積り大歓迎です!しつこい営業一切ございませんので、どうぞお気軽にご相談下さい。

 

↓ 見積りの際にはぜひこちらの記事も参考にしてください。

熊本でシロアリ駆除業者はここがおすすめ|白蟻駆除前に知っておきたい〇〇〇とは

 

『まごころを込めて安心をお届けします!』をモットーに皆さんのお役に立てるよう益々頑張っていきます!

前の記事へ
一覧へ戻る
次の記事へ