研究コラム

菊池市・大津町・菊陽町の白蟻駆除・予防は中川シロアリ研究所にお任せください!

シロアリ施工実績

菊池市・大津町・菊陽町のシロアリ駆除は当社にお任せください!

 

熊本県菊池市大津町菊陽町シロアリ駆除白蟻予防

 

菊池市・大津町・菊陽町の事例

 

 

菊池郡大津町のK様邸 ヤマト白蟻駆除

本日は菊池郡大津町のK様邸で、ヤマト白蟻の駆除をさせていただきました。

床がブヨブヨするとか、ドアが閉まりにくかったりするときはシロアリ被害の可能性があります。
そんな時は早めに白蟻業者に見てもらってくださいね!

↓ 玄関の床に穴が開いてしまっています。足を滑らせてケガなどが無くて良かったです

シロアリ駆除菊池大津町

 

白蟻被害は予期せぬ箇所に広がっている可能性が十分に考えられます。

このような被害の箇所に「市販の殺虫スプレー」をかけた場合、その箇所にいた一部のシロアリは死にますが、それ以外のシロアリは違う箇所に逃げて移動して行きます。
被害を拡大させないためにも専門業者に調査を依頼しましょう!

↓ ちなみにこの後、しっかり薬剤を注入し駆除を実施させていただきました(^^)/

シロアリ駆除菊池郡大津町

 

 

菊池市泗水町のM様邸 イエ白蟻駆除

菊池市泗水町にてLDK(リビング・ダイニング・キッチン)のリフォームをされている最中に白蟻駆除を実施させていただきました。M様邸は築年数35年ほどの住宅になります。これまでシロアリ駆除を一度もされたことがなく、今回のリフォーム工事を機会にシロアリ工事を一緒にしていただくことになりました。

リフォーム工事は10日間ほどの日程で順調に進み、シロアリ工事の施工日になりました。

 

実はこのM様邸ですが、今回のリフォーム工事とは関係のない北側の部屋で白蟻の被害が見つかっていたのです。

 

↓ 床を支えている束柱(つかばしら)にイエシロアリが侵入し、柱の芯だけを残して食べ進んでいます。

 

 

地面から蟻道をのばして柱の中に侵入おり、床組へと被害は拡大していました。

 

このように私たちが日々生活しているお家の床下では、知らず知らずのうちにシロアリが侵入し、少しずつ被害を広めているかもしれません。時には取り返しのつかないほどの甚大な被害になっていることもあるのです。

 

 

菊池郡菊陽町のモデルハウス シロアリ予防

菊池郡菊陽町にてモデルハウス新築工事の現場を施工させていただきました。

新築の場合はすべての柱が見える状態で施工をさせていただきます。
皆さんも新築の現場で見られたことがあるかもしれませんが、当社でも柱を高さ1メートルの部分までシロアリ対策を行います。

当社で使用する薬剤はしろあり対策協会認定薬剤のみを使用します。
安価な認定外のジェネリック薬剤のようなものは一切使用していませんのでご安心ください!

↓ 専用の防蟻薬剤に黄色の着色量をまぜて一本一本の柱を刷毛を使って塗っていきます。

菊池郡菊陽町シロアリ駆除白蟻予防

 

25坪程度の平屋でしたが、この柱を塗る作業だけで約2時間かかりました。
丁寧に作業させていただくと大体このぐらいの時間は毎回かかります。

柱の防蟻処理が終わると、次は床組みや床下土壌の施工を行います。

最近の新築ではベタコン(床下がコンクリート)ばかりなのでシロアリの心配はいらないんじゃないの??とよく聞かれることがあります。

しかし、実際に私のお客様でもベタコンの床下からシロアリが侵入し被害に遭われたケースは数えきれません。確かに床下が土の建物よりベタコンの方がシロアリに対して優位であることは否定しませんが、それはあくまで確率の問題です。

うちはベタコンだから安心と思いきってしまうことこそ非常に危険です!

シロアリの薬剤は年数と共に自然と分解されていくため、5年以上を経過されている場合にはシロアリ予防の効果はわずかしか残っていません。
大切なマイホームを永く安全に住み続けるために、定期的な白蟻予防が必要不可欠なのです。

 

 

菊池郡大津町菅原神社 シロアリ予防

菊池市大津町にある神社の建て替え工事にシロアリ対策としてご協力させていただきました。

↓ 熊本地震の本震で倒壊してしまった大津町の菅原神社

シロアリ予防熊本震災

建て替えがスタートし、直径18㎝もある丈夫な柱を使って建築されています。更なる大きな地震に対してでも十分持ちこたえてくれることでしょう。

菊池郡大津町白蟻予防

熊本地震から4年以上経過し、私達の記憶からも少しずつ薄れつつあります。
但し、まだまだ復興半ばといった地域も多いのが現実です。
このような建築に携わらせていただくことによって震災を思い返すきっかけとなり、自分のおかれている立場と役割を再認識させられました。私どもにできることは限られている中で、社会のお役に立って行きたいと考えています。

 

 

 

菊池郡大津町A様邸 シロアリ予防

菊池郡大津町にて新築住宅が着工した現場にお伺いしました。
新築時だけできるシロアリの予防として、基礎コンクリート打設前の土壌処理があります。
コンクリート下の土壌にシロアリの薬剤(土壌処理剤)を散布することで建物内へのシロアリの侵入を防ぐことが目的です。
一昨日から基礎工事が始まり、建物の基礎の形に合わせて砕石を転圧(固める)した状態でシロアリの土壌処理を実施させていただきました。

白蟻予防土壌処理大津町

土壌処理が完了すると、基礎工事業者さんの手でその上に防湿のシートが敷き詰められます。

白蟻予防後シート

この防湿シート後にコンクリート打設・鉄筋の配筋作業などが行われていきます。
順調に進めば、約3週間後に棟上げとなる予定です。
こちらのお宅も熊本地震で被災され、今回ご新築をされます。
当社としてはシロアリの工事でしかご協力はできませんが、建物をシロアリからしっかり守っていけるように3年後、5年後と迎えるのアフター点検まで責任をもって行ってまいります。
お引き渡しまで安全に無事、ご自宅が完成することを祈念いたします!

 

 

 

大津町営災害公営住宅 シロアリ予防

木材加工工場にて、大津町の公営住宅に使用される床組の木材に対してシロアリ予防の処理をさせていただきました。

通常、新築住宅で家を建てる際の木材はプレカット工場で加工されて現場に搬入されます。
よって今回は、プレカット加工されたばかりの木材にシロアリ予防を実施させていただきました。

新築で床を支える床組(土台・大引)は床面積にもよりますが、長さ90センチ程の短い物から長い物では4メートルまであり、合計100本以上の床組みを一本一本、ハケにて薬剤を塗布します。
実際に木材の表面すべてに対して防蟻剤を塗布していくため、相当ハードな作業になります(;^_^A

↓ 処理前の木材です。これから作業に取り掛かります!

白蟻予防前

↓ 木材はプレカット加工された状態では断面には無数の凹凸があり、細かい箇所まで処理するにはかなりの体力と神経を要します。薬剤は黄色に着色したものを使いました。

白蟻予防大津町

白蟻予防の処理をさせていただいた木材は後日、菊池郡大津町の災害公営住宅6棟・延べ床面積700㎡を超える現場に運び込まれます。

↓ 処理後は元通りに積み上げて完了です。

白蟻予防後菊池郡大津町

この日はその内の2棟を施工させていただきましたので、体はへとへとですが作業をやり切った充実感は最高ですね!!

 

シロアリ駆除・予防をご検討の方へ

すべての家にシロアリが発生しているということではありませんが、築年数に関係なくシロアリ被害は発生します。シロアリが生き物である以上、それがいつ起こるかというのは予想できません。シロアリ被害を未然に防ぐために、私たちにできる唯一のことがシロアリ対策を万全に行うことです。

当社は皆さんが大事にされ、家族の思い出がたくさん詰まったマイホームを白蟻から守ることでお役に立てればと思います。まさかのシロアリ被害でお困り方にも迅速・丁寧な施工が当社の強みです。どんなことでも、まずはご相談いただければ幸いです。

 

 

シロアリ業者を選ぶ際のポイントをまとめた記事になりますのでぜひご覧いただき参考にしていただければと思います。

↓ ↓ ↓

【熊本版】シロアリ業者はこう探せ!熊本で白蟻駆除前に知っておきたい6つのポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

前の記事へ
一覧へ戻る
次の記事へ