研究コラム

阿蘇郡西原村のH様邸にて巨大なスズメバチの巣を駆除をさせていただきました!

ハチ施工実績

阿蘇郡西原村にてスズメバチの駆除をさせていただきました。

 

和風作りの立派なのH様のご自宅ですが、2階屋根の軒下に大きな巣を見つけたので駆除をお願いしたいとのことで、当社にご連絡をいただきました。

 

早速お伺いさせていただいたところ、巨大な巣を発見!

 

スズメバチは春先4月くらいから夏にかけて巣が大きくなります。

この時期(11月)になると巣も大きく成長し、駆除するにも数百匹のハチが待ち構えています。

 

 

 

 

完全防備の駆除用プロテクターをまとって屋根の上にのぼって一気に駆除を行います。

日中に駆除を行う場合は『戻りバチ』の対策も重要です。

 

『戻りバチ』とはその名の通り、エサや巣の材料を探しに行っていたハチが、駆除をして巣がなくなった後に戻って来ることです。

 

戻りバチに対しては殺虫剤で駆除するか、粘着シートなどを使って捕獲します。

 

戻りバチ スズメバチ

 

↑ こちらは別現場での写真ですが、粘着シートでスズメバチを捕獲しました

 

 

戻りバチの寿命は数日から2週間程度と言われていますので、しばらくすれば数も減っていきますのが駆除後の数日はハチの様子には注意が必要です。

 

 

 

 

 

H様のお宅の巣は直径30センチくらいでバスケットボールをさらにひと回り大きくしたくらいのサイズでした。

立派な巣にH様もビックリされていました。

 

『刺される前に駆除してもらって良かった!』

 

来年以降も軒下や庭木に巣を作ってないか、気がけておきますとのことでした(*^。^*)

 

ハチの種類・駆除の料金などはこちら!

 

 

 

 

 

 

前の記事へ
一覧へ戻る
次の記事へ