研究コラム

熊本県玉名市のS様邸にてイエ白蟻駆除|電気の漏電はシロアリの仕業!?

シロアリ施工実績

玉名市でシロアリ駆除|電気の漏電で発覚!

 

さて、お客様が実際に家の中でシロアリの被害を見つけるケースも多いわけですが、シロアリを見つけた場所や状況は様々です。

 

例えば

・フローリングがシロアリに食べられていた!

・畳替えの時に畳を剥がしたらシロアリだらけだった!

・リフォーム工事で壁を剥がしたらシロアリがいた!

・柱の隙間に土がついていて中からシロアリが出てきた!

・夜に羽アリが大量に飛び出てきた!

 

と、いろんなケースがある中で、今回はトイレの壁の中でシロアリが電気の配線をかじっており、漏電したことからシロアリの被害が発覚しました。

 

↓トイレの横がお風呂場だったこともあり、工事の際にはしっかりと壁の中に薬剤を流し込みました。

 

 

特にイエシロアリは壁の中や天井裏の梁などに巣を作ることが多く、巣を作った箇所に電気の配線などがあり、なんでもかじってしまうシロアリは、配線ケーブルをもかじってしまうのです。

ブレーカーが漏電を感知するため、火事になることは少ないかと思いますが白蟻被害は思わぬ二次災害を引き起こす可能性があるということです( ;∀;)

 

このお宅ではトイレの床下の柱や天井裏の梁にもシロアリの被害が広がっていました。

 

↓ 見た目にはシロアリの被害がわかりにくいのですが、柱の中はシロアリが食べて空洞化していました。

 

↓ 和室の茶棚を動かすと畳もボロボロです。畳替えして2年も経っていないとのことでした( ノД`)

 

今回のお宅では約6~7年前にシロアリの調査をされていて、その時は全く異常は無かったそうです。

 

シロアリはいつ発生し、皆さんの大事なお住まいに被害を及ぼすかわかりません!

実際にこれまで数多くの現場で重大な白蟻被害を見てきた立場から、皆さんに発信したいことがあります。

 

『シロアリの被害に合う前に白蟻予防工事をご検討ください!』

 

熊本地震では、私自身が以前に駆除工事を担当させていただいたお客様の家が「全壊」してしまったという事実を知りました。それは10棟近くにも及びました。

もし建物がシロアリ被害に遭っていなければ、「全壊」せずに済んだケースもあったのではないでしょうか。

 

私どもにできることは、建物を確実にシロアリから守ることだけです。

しかし、そのことに関してはどこの業者にも負けたくない強い気持ちを持っています。

 

白蟻被害がご心配な方は、ぜひ当社にご連絡ください。

もちろん、しつこい営業は一切ございませんので、安心してお見積もりだけでもされてみませんか。

 

以下はシロアリ業者を選ぶ際のポイントをまとめた記事になります。ぜひ参考にしていただければと思います。

【熊本版】シロアリ業者はこう探せ!熊本で白蟻駆除前に知っておきたい6つのポイント

 

 

前の記事へ
一覧へ戻る
次の記事へ